親に薄毛がいる人の悩みのタネ。AGAの薄毛って遺伝しちゃうの?

薄毛やAGAは遺伝すると言われることもあれば、遺伝しないと言われることもある。
実際のところ、どうなの?遺伝するのしないの?と悩む人は少なくないでしょう。
ここでは、そうしたAGAや薄毛の遺伝について紹介していきます。

身内に薄毛の人がいるから、今から不安になっているという人も少なくありません。

 

AGA予備軍
AGA予備軍

僕も、祖父と父親が典型的なAGAの薄毛だから、同じようになるの?

AGAプロフェッサー
AGAプロフェッサー

恐らくなるでしょう。AGAの薄毛は遺伝します。

AGA予備軍
AGA予備軍

でも、どうして薄毛って遺伝するの?

AGAプロフェッサー
AGAプロフェッサー

では、ここではAGAの薄毛がどうして遺伝するのかについて紹介しましょう。

どうして薄毛が遺伝するのか?その仕組みは非常に単純

AGAがどうして遺伝するのか?

その理由を知るためには、まずAGAになるとどうして薄毛になってしまうのかを把握することが必要です。

AGAで薄毛になってしまう理由は

こちらのページで紹介している様に、ヘアサイクル(毛周期)の成長期が短くなってしまう事で

髪が十分に成長しきる前に抜け落ちてしまうためでした。

この成長期が短くなってしまう要因に、ジヒドロテストステロンと呼ばれる男性ホルモンの作用がありました。

このジヒドロテストステロンの量が多くなると、髪に対して作用して成長をストップさせます。

結果、ヘアサイクルが一段階進み、抜け落ちる期間に入ってしまうわけです。

実は薄毛が遺伝する理由は、このジヒドロテストステロンにあります。

 

AGAの原因であるジヒドロテストステロンが遺伝するの?

ジヒドロテストステロンの量の多さが遺伝すると勘違いする人もいますが、実はそうではありません。

ジヒドロテストステロンは、男性ホルモンであるテストステロンに対し5αリダクターゼが作用して作られます。

AGAの薄毛が遺伝してしまう理由は、ジヒドロテストステロンの量ではなく、この5αリダクターゼの量が、遺伝するため親族にAGAの人がいると遺伝する可能性が生まれます

 

量だけではなく、感度も遺伝する!

ジヒドロテストステロンを生み出してしまう5αリダクターゼの量が遺伝で多くなると、誰もが薄毛になるのかというと、そういうわけでもありません

ジヒドロテストステロンが作用する髪の毛のアンドロゲン受容体と呼ばれるホルモンを受け取る受け口の感度も遺伝によって変わるためです。

そのため、感度が悪ければジヒドロテストステロンが多くても薄毛になりづらかったり、ならなかったりします。

逆に、ホルモン量も多く感度も高いという状況になってしまうと、確実に薄毛になると言いうわけです。

 

AGA予備軍
AGA予備軍

5αリダクターゼの量と、受容体の感度が遺伝するから、薄毛は遺伝するんだ!

AGAプロフェッサー
AGAプロフェッサー

そうです。この量と感度は父親だけでなく母親から遺伝するケースもあります。

父親が薄毛でなくても、母方の祖父がAGAだった場合、母親を経由してAGAとなる可能性もあるというわけです。