個人輸入代行を使った場合の料金はどのぐらいになるの?

個人輸入代行を使う男性非常に便利なサービスの個人輸入代行ですが、実際に利用してみるにあたって気になるのは料金だと思います。

個人輸入代行サービスを利用すればお得に利用することができますが、実際にどのぐらいお得に利用することができるのでしょうか

ここでは、実際に個人輸入代行サービスを利用するにあたって必要になってくる料金について紹介していきます

 

必要になる料金はどのぐらいだろう?

個人輸入代行サービスを利用するにあたって必要になる料金は高くはありません。

しかし、利用する人によっては高額になってしまうケースもあります。

高くなるケースはまれで、自分で気が付かないうちに料金が高額になってしまうこともありません。

非常に安心して利用できるサービスの一つといえるでしょう。

必要になる料金は3つだけ!

個人輸入代行で必要になる料金は3種類だけです。

必要になるのがこの3種類だけです。

・輸入しようと考えている医薬品の料金
・輸入にあたって必要になる送料
・銀行やクレジットなどの振込手数料や決済手数料

まず必要になってくるのが、医薬品の料金です。

これは当然といえるでしょう。医薬品自体の料金は日本で処方してもらう場合と変わらない場合もありますが、日本で処方してもらうよりも更に安いケースもあります。

 

送料に関しては、利用する個人輸入代行サービスによって上下するものの
おおむね1,000円~2,000円程度となっています。また、通販サイトなどと同様に
何円以上の購入で送料が無料といったところもあります。

 

銀行やクレジットの手数料も数百円程度で大きな金額になることはありません。

そのため、個人輸入代行で費用がかさんでしまう一番の理由として輸入する薬が多すぎるという場合です。

まとめて買いすぎて高くなってしまう以外では、そこまで高くなることはありません

まとめ買いの場合も、自分がそれだけ必要としているわけですから、金額的には高額になってしまう場合もありますが、一つ一つの医薬品で見ると安いケースが多いので結果的にはお得です。

 

AGA予備軍
AGA予備軍

個人輸入代行が安い理由は、薬が安いだけじゃないんだ!

AGAプロフェッサー
AGAプロフェッサー

そうです。

薬以外にも手数料などが必要ではありますが

その料金が自体が高くありません。