AGA治療薬を個人輸入代行で購入するメリットやデメリットとは?

個人輸入代行を使うことで、海外の製薬会社から直接AGA治療薬などのさまざまな医薬品を手に入れることが可能です。

こちらのページでは、実際に個人輸入代行サービスを利用した場合の

メリットデメリットについて紹介していきます。

 

個人輸入のメリットやデメリットを知ろう

個人輸入代行は非常に便利なサービスでさまざまなメリットがあります。

しかしながら、同時にデメリットもあるためサービスを利用するにあたって

それらを適切に把握した上で利用することが望ましいといえます。

AGAプロフェッサー
AGAプロフェッサー

では早速、メリットデメリットを見ていきましょう!

 

メリット

・スマートフォンやPCを使って、利用できる
・日本国内で認可されていないジェネリックを購入可能
・診察費用が必要なく処方箋も不要
・いつでもどこでも利用可能で時間的な制限がなく利用方法も簡単
AGAプロフェッサー
AGAプロフェッサー

通販サイトと同じ感覚で、いつでもどこでも簡単に使えて

診察費用もかからないので時間がなくて忙しく、予算的な余裕があまりない場合も

役立ってくれます。

デメリット

・使用は全て自己責任
・体格の大きい国外の人向けに作られている製品が多い
・パッケージや解説は全て英語
・海外からの郵送であるため送料が必要になり、手元に届くまでに時間がかかる
AGAプロフェッサー
AGAプロフェッサー

使用における責任は全て自己責任となります。

また、輸入のため手元に薬が届くまでに2週間程度必要になる場合もあります。

AGA予備軍
AGA予備軍

う~ん。便利そうだけど、デメリットを見るとちょっと怖い。

自己責任だし、どのぐらい薬を飲めばいいのかもわからない。。。

AGAプロフェッサー
AGAプロフェッサー

では、どうすれば個人輸入代行のサービスを活用できるのか見てみましょう!

個人輸入代行活用のためのマメ知識

使いこなせれば非常に便利な個人輸入代行ですが、医薬品を輸入して使うとなると抵抗を持つ人もいます。

その理由はやはり、薬の副作用や併用禁忌といったものでしょう。

薬が自分に合うのか、飲み合わせの悪い薬があったりしないかという不安がある状態で利用して

自分で選んだ薬を輸入して使うのはリスクが高いといえます。

では、どのようにすればリスクを最小限に抑えられるのでしょうか。

答えは非常に単純です。その方法というのは、

一度、病院で処方してもらった医薬品を輸入する

病院では医師が診察で薬の飲み合わせなども考慮した上で、治療薬を処方します。

そのため、病院で処方される薬=安全であるというケースがほとんどです。

当然、その後、別の薬を飲み始めているという場合は改めて診察を受けたりする必要があります。

そうでない場合は、安全であるということがわかっているので、安く購入できる個人輸入代行を使うことで、診察費用を必要とせずに治療薬を手にすることができるわけです。